[廣瀬神社] ブログ村キーワード

奈良県の法隆寺インターチェンジから5分もすれば到着できる場所で、良く通る道の横にあった神社なんです。気にはなっていたものの中々行けなかったので行ってみることにしました。

あまり外から観光に来た場合はわざわざ来る必要はないかもしれませんが、奈良に住んでいるなら通った時によってみては良いかと思いました。ということで廣瀬神社の中を見ていきたいと思います!

廣瀬神社 入り口

入り口はこのようになっています。

(中から外を見た様子)

奈良 廣瀬神社 門

上の写真で見てわかるように入り口には桜があるので、桜の季節は散歩しに来ても良いかと思います。

奈良 廣瀬神社 門

日吉社

中に入り歩いていくと最初に見えてくるのが日吉社です。

奈良 廣瀬神社 日吉社

奈良 廣瀬神社 日吉社

稲荷社

日吉社の向かいあたりにあるのが稲荷社。

奈良 廣瀬神社 稲荷社

正しい名前は「日の丸稲荷社」となっていて、伏見稲荷から分霊された神様が祀られています。

奈良 廣瀬神社 稲荷社

奈良 廣瀬神社 稲荷社

祖霊舎

次に見えるのが祖霊舎。

奈良 廣瀬神社 祖霊舎

神社の場合は、そこを信仰というか、普段からその神社の行事等に関わっている家族がなくなった場合、祖霊舎に祀られることになっています。だから、普通に観光に行く人は関係ない場所だとは思いますが、一応載せておきます。

祓戸社

本殿の手前にあるのが「祓戸社」。

奈良 廣瀬神社 祓戸社

「祓」というのは「お祓い(おはらい)」の意味で、本殿に向かう前にこちらで懺悔を行い、清めてから本殿に入っていくのがルールになっているとのこと。

奈良 廣瀬神社 祓戸社

大砲

本殿に入る前においてあったのがこちら。

奈良 廣瀬神社 大砲

なぜ大砲が?と思ってたのですが、横に説明が書いてありました。

奈良 廣瀬神社 大砲

日露戦争に買った時に記念として奉納されたものなんだそうです。近くで見れるのですが、昔はこういうものを使って戦争していたんだなぁと感慨深く思ったのでした。

廣瀬神社の本殿

ということで入り口からいろんなところを回りつつ、到着まで約5分で本殿に到着します。

奈良 廣瀬神社 本殿

奈良 廣瀬神社 本殿

そこまで大きな神社ではありませんが、本殿手前に咲く桜がすごくきれいになっていました。

廣瀬神社の桜

本殿で終わりかな?と思って歩いていたら、横に脇道が。歩いていくとこんな場所になってました。

奈良 廣瀬神社 桜

ここ以外にも結構な数の桜が咲いていて、ちょうちんがおいてあることからもしかすると夜桜も見れるようになっているのかもしれません。

奈良 廣瀬神社 夜桜

なかなか広いし、桜も楽しめて良さそうな雰囲気。

機会があれば夜にでもよってみようかなと思っています。

廣瀬神社の駐車所

駐車場については廣瀬神社の隣に結構な数が準備されていました。

奈良 廣瀬神社 駐車場

多分、廣瀬神社自体にそこまで多くの人が来ることはないと思われるので、車で来て大丈夫です。むしろ、電車で来るというのは難しいかもという感じの立地になっています。

廣瀬神社周辺の飲食店情報

広瀬神社から歩いて行くにはちょっと飲食店は少ないのですが、車で行けばいろいろとまぁあります。ココイチ、ココス、ラーメン塩元帥などなど。チェーン店ばかりで小洒落たお店はないですが、食事には困らない程度。

唯一気になったお店がこちら。

寿しの喜多八

「寿しの喜多八」さん。
廣瀬神社から徒歩5分程度行けるところにあります。

奈良に住んでいてこういった普通のお寿司屋さんってなかなか見ることがないのですが、ちょっと良さそうな雰囲気。夜桜見に行くならここでお寿司を買って持っていくとかができるならなかなか良いかも。

今回広瀬神社に行ったタイミングは夕方だったのでさすがに食べなかったんですが別の機会によってみたいと思います。

廣瀬神社の砂かけ祭り

行った時にしったのですが、廣瀬神社は砂かけ祭りでも有名みたいです。

廣瀬神社自体の主神が「若宇加能売命」と呼ばれる「水の上」「水田を守る神」となっていて、雨を祈ったりするために、砂を雨に見立てて祝うのがこの砂かけ祭りとなっているようです。

例年2月11日に行われている行事となっているようです。